【前編】BGMの著作権について ~用語解説と罰則~

様々なお店で様々なBGMが利用されていますが、店舗や公の場で利用する際に気を付けなければいけないのが楽曲の著作権です。特に深く考えずに市販の曲を流していたら著作権管理団体に訴えられた!なんてことになりたくないですよね。

クリーンな営業を心掛ける上で是非知っておきたい音楽にまつわる著作権について、前編では根本的なワードの解説と違反してしまった際の罰則について、後編では実例を交えたケーススタディにについて、詳しく解説していきたいと思います。「用語と罰則についてある程度知っている!」という方や「具体的なケースから見ていきたい!」という方は後編からご確認ください。

そもそも著作権とは?

実は著作権と一言にいっても細かい権利が色々あります。まずは著作権について説明する上で知っておきたい単語を整理してみましょう。

著作物
音楽や小説、映画や写真など考えたことや感じたことを表現した創作物を著作物といいます。

著作権
著作権とは著作物を作った人が有する権利の名称であり、自身の著作物の第三者利用を制限することができます。例えば歌もの楽曲の場合、作詞した人や作曲した人が著作者にあたります。

著作権は著作物が作られた瞬間から自動的に発生する権利のことで、特定の申請手続きや登録のプロセスはありません。その権利は譲渡や売買が可能なため、著作者と著作権者が異なる場合もあります。

他人の著作物を利用したい場合は著作権を持つ人の許諾を得る必要があります。

著作隣接権
著作隣接権とは、著作物の創作者ではないが公に伝える上で重要な役割を担う人に与えられる権利の総称です。例えば、歌う人・演奏する人や、レコード会社・放送事業者が該当します。著作権と同様に、特定の申請手続きや登録のプロセスなく自動的に発生する権利です。

支分権
著作権は複製権や翻案権、同一性保持権など様々な権利の束で構成されており、その束となる権利の一つ一つを支分権といいます。市販のCDをお店で許可なく再生した場合に問題になる「演奏権」、違法アップロードや二次配布で問題になる「複製権」、テレビ・ラジオ放送時に問題となる「公衆送信権」など、支分権には様々なものがあります。


さらに詳しく知りたい場合は、こちらのページを参考にしてみてください。
https://www.jasrac.or.jp/copyright/index.html

違反した場合の罰則

JASRACやNexToneなどの著作権管理団体が権利を保有している楽曲について、利用許諾が本来必要にも関わらず、勝手に利用してしまった場合は著作権侵害となってしまいます。その際、発生する罰則は民事上の請求と刑事上の罰則の2種類です。

民事上の請求

民事上の請求として下記3点があり、理由が認められた場合は複数請求される場合もあります。

・侵害行為の差止請求
著作権法に抵触する行為を行っている場合や行う恐れがある場合において、その侵害行為の予防、停止、或いは侵害行為によって作成された物の廃棄を相手に求めることを指します。

・損害賠償の請求
文字通り、違法な行為によって損害を受けた者がその行為を行った相手に対して補償を求めることを指します。

・名誉回復等の措置の請求
著作権の侵害行為を行ったものに対して、著作者または関連する権利を持つ者が名声を回復するために相手に謝罪の掲載等、なんらかの措置を求めることを指します。

刑事上の罰則

著作権侵害には罰則があるため、逮捕起訴されて刑事裁判に発展する場合があります。

有罪となった場合は刑事上の罰則が科せられ、10年以下の懲役または1000万円以下の罰金が発生します。どちらも併科可能なため懲役と罰金の両方を科せられる場合もあります。また、著作権侵害者が法人の場合の罰則はより重く、3億円以下の罰金が発生します。

最後に

いかがでしたでしょうか。

著作権は、著作者が継続的に創作活動を続けていくために守られている大切な権利です。少々内容は複雑ですが、訴えられた時には既に遅いため音楽を商用利用する際は注意しましょう。

著作権に関する具体的なケースについて、さらに知りたい方は後編も是非チェックしてみてください!