【番外編】オフィスにBGMを導入しよう!

突然ですが、あなたの働くオフィス環境でこんなお悩みはありませんか?

  • 受付が無音で来客に緊張感を与えている
  • 執務室で電話をかけるとき、周りが無音で気まずい
  • 周囲の話し声やキーボードの音が気になる

上記のようなお悩みの解決に加え、様々なポジティブな効果をもたらすのがオフィスBGMによる空間演出です。本記事ではオフィスBGMについて、気になることや知りたいことをまとめています。オフィスBGMの導入をご検討中の方は是非ご参考ください!

要注意‼オフィスに潜む様々な課題

私たちは話している時や音楽を聴いている時以外にも、無意識のうちに様々な情報を耳から取得し、情報を処理し続けています。聴覚から得る情報の蓄積で、無意識のうちにストレスを抱えてしまうこともあるかもしれません。例えば、電話で話している人の声が気になる、誰かが怒られてる声が聞こえて気まずい、シーンとしている瞬間が居心地悪い、などと感じたことはありませんか?

一日のうち長い時間を過ごすオフィスでは、なるべくこれらのストレスを軽減して快適に過ごしたいですよね。オフィスでBGMを流すことで、従業員や来訪者は様々なメリットを得ることができます。

具体的なメリットについて、オフィスのエリア別に見ていきましょう。

オフィスBGMの効果【エリア別】

女性、PC、OK

受付

営業経験のある方は感じたことがあるかと思いますが、来訪先の受付が無音だと、待機している時に若干の居心地の悪さや緊張感があるかと思います。受付にほどよいテンポのBGMを流しておくことで、お越しくださった取引先や就活生などにリラックスしてもらい、緊張や不安を和らげることが可能です。

執務室

執務室には電話する声、キーボードの音、無音の瞬間など、聴覚的に従業員の集中を阻害する様々な要因が存在します。適度にBGMを流すことによって、これらの不快な音を打ち消すことが可能です(マスキング効果)。

また、時間帯に応じて戦略的にBGMを切り替えることで従業員の生産性を向上させることも可能です。例えば、通勤電車でストレスを感じつつ、様々な人がバラバラと出社する朝の時間帯にはリラックス効果の高いBGMを、お昼から午後にかけては集中力を維持しやすい一定のテンポのBGMを、夕方には中だるみする気分を切り替えられるよう日中とは異なるジャンルのBGMを、定時には帰宅を促しやすい決まったBGMを流すことによってメリハリをつけることができます。

上記のような効果以外にも、BGMを流すことによってオフィス全体の緊張感を取り除き、居心地のよい空間を作ることが可能になります。

会議室/会議スペース

会議する場所付近が無音の場合、会話の合間に気まずさがあったり、隣の会話が聞こえてしまうという問題があるかと思います。会議室付近にBGMを流すことによって、会議に集中できるようにしたり、機密漏洩を防止することができます。

休憩室

音楽は人の感情に対して無意識に働きかける効果があります(感情誘導効果)。例えば、一部の病院では落ち着いた雰囲気のBGMを流すことにより、患者の不安を軽減するような工夫をしています。同様に、休憩室でリラックス効果の高いBGMを流すことによって、聴覚面で従業員のメンタルケアをすることが可能です。

トイレ

様々な人が利用するオフィスのトイレでは、音が気になるという人もいるかと思います。BGMを流すことにより、トイレを使用する際の音をマスキング効果で打ち消すことができます。

じゃあ早速BGMを流して問題を解決しよう!・・・と行動に移るその前に、オフィスBGMについて注意しなければならないことがいくつかあります。

オフィスBGMに関する注意事項

ビックリマーク、人差し指

オフィスBGMの著作権について

音楽を私的利用の範囲を超えて利用する場合、必ず著作権を考慮しなければいけません。来客が一切なく従業員のみが働いている空間で音楽を流す場合は、著作権使用料は発生しませんが、来客の出入りが想定される場所ではすべて著作権使用料が発生します。Spotifyなどの一般向けの配信サービスやYouTubeなどを勝手に流してしまうと、著作権違反となる可能性が高いのです。法人の違法利用は3億円以下の罰金が発生しますので十分注意しましょう。

著作権についてより詳しく知りたい方は下記をご参照ください。

音量に注意!

オフィスでBGMを流す場合、あくまで仕事に集中するための補助として利用することになるかと思います。従って、全体音量が大きすぎたり、スピーカーの配置が悪く一部の人にとって大きく聞こえてしまうと、BGMが主張しすぎて逆に従業員の集中力を阻害することになりかねないので注意が必要です。

時と場合に応じては悪影響

すべての業務においてBGMがポジティブに働くわけではありません。とりわけ、文章をじっくりと読んで理解したり、新しい知識をインプットする際は逆効果となってしまう可能性があります。一方でルーティンワークや単純作業は音楽と相性がよく、BGMを流すことで集中力を維持することが可能です。状況に応じて使い分けると良いでしょう。

ここまで、オフィスBGMのメリットと注意点について説明しました。次にオフィスBGMを合法的に流すための具体的な手段について見ていきましょう。

オフィスBGMを流す手段

女性、アイディアマーク

オフィスでBGMを流す手段はいくつかあります。ここでは代表的な方法についていくつかご紹介します。

CDを流す

著作権の申請や別途支払が不要な業務用BGMを収録したCDを購入し、流すという方法があります。再生機器があればすぐに実践でき、好みのものをチョイスすることができる点がメリットとして上げられます。一方で、CDは長くても1枚2時間程度のため、入替作業などの運用コストが発生することや、飽きてしまうというデメリットがあります。

・費用:一枚当たり数千円~

BGMアプリを使う

オフィス用のBGMアプリを使えば、コストを抑えながらも品質の高いのBGMをオフィスで利用することができます。Audiostock store musicはiPhone/iPad/PCなどの端末とスピーカー・アンプがあれば簡単にアプリで音楽を流すことができます。集中、リラックス、気分転換などに必要なプレイリストは網羅されており、内容も毎月一定割合を入れ替えていくので飽きることもありません。

・費用:月額1480円(税抜)~
一か月無料トライアル

BGMサービスを利用する

オフィスのためのBGMサービスがあるので、そちらを利用するのもよいでしょう。オフィス用に設計されているため、選曲で悩む必要がなかったり、運用のコストが少ない点がメリットとして挙げられます。一方で、他の手段に比べて費用がかかる点や、すべての部屋で同じものを流さなければならない点などのデメリットがあります。

Sound Design for OFFICE

「集中力向上」「リラックス」「リフレッシュ」「気づき」と4つの機能に分かれたチャンネルを提供しており、要望に沿ってBGMのコーディネータが選曲してくれます。有線放送のため最初に配線工事を行う必要があります。

・サービス加入料金:30,000円~
・プランニング初期費用:50,000円~
・サービス利用料:5,000円~(月額)
・その他、メンテナンス費用等

スピーチプライバシーシステム(YAMAHA)

ヤマハ独自の技術で高いマスキング効果を実現。自然の環境音や雑踏などの演出音などを内臓したコンパクトな床置きタイプのスピーカーとなっています。

・希望小売価格:100,000円(税抜)

SOUND MASKING(KOKUYO)

コクヨのサウンドマスキングはスピーカーを施工し、コントローターで操作する音響システムです。空調音などの背景音を流すことができます。

・機材、施工費:102万円(税抜)~

まとめ

今回はオフィスBGMを検討されている方へ、期待できる効果といくつかの手段をご紹介しました。あなたのオフィスのBGM選びの参考になれば幸いです。