飲食店開業に必要な資格は2つだけ!

飲食店を開業する上で必要な資格は「食品衛生責任者」「防火管理者」の2つのみです。
よく誤解されがちですが調理師免許は必要ありません。

今回は飲食店を開業する上で必要な上記2種類の資格の説明と取得方法について説明し、
資格取得以外に行わなければならない手続きについても触れていきたいと思います。

飲食店開業に必要な資格

食品衛生責任者

食品衛生責任者とは飲食店やカフェなどでお店の衛生を行う人のことで、調理営業や食品販売のために選任する必要があります。都道府県や保健所を有する市の食品衛生協会などが実施している養成講習を受講することで資格を得ることができます。ただし、調理師や栄養士など一部講習を受けなくてもなることができる資格が例外として存在しています。もしお持ちの資格が気になるようでしたら食品衛生協会に問い合わせてみましょう。

講習の受講費は10,000円程度で通常1日で受講を終えることができます。毎月複数回、定期的に開催されており、会場も複数ある場合が多いので行きやすい場所で行われている講習を探して参加してみましょう。申し込みについては郵送か窓口で申し込む場合が多く、WEB受け付けはない場合もあるため、前もって確認しておくことをオススメします。

内容は衛生法規2時間、公衆衛生学1時間、食品衛生学3時間の計6時間となっております。確認テストは講習を聞いていればわかる内容なので、事前に勉強する必要は特にありません。

防火管理者

防火管理者とは、お店や施設で火災予防のために必要な業務を推進する責任者のことです。防火管理者になるためには各地の消防署などが実施している講習を受ける必要があります。受講費はテキスト代分の6,000円~8,000円程度で期間は1日~2日程度です。

講習修了資格は甲種と乙種に分かれており、建物の用途、規模、収容人数などに応じて必要な資格が異なります。ご自身のお店がどちらに該当するか知りたい場合は消防署のホームページをご確認ください。
参考:http://www.tfd.metro.tokyo.jp/sk/boukabousai.html

飲食店開業に必要な手続き

手続き、契約、スーツの男性

飲食店を開業するためには上記の資格を取得する以外にも行わなければならない様々な手続きがあります。続いていくつか必要な手続きについて見ていきましょう。

個人事業主の開業・廃業等届出書
飲食店を個人で開業する場合は国税庁宛てに開業届を提出することが義務付けられています。開業届は最寄りの税務署か、国税庁のホームページから入手することができます。届出時期は開業日から1か月以内です。
https://www.nta.go.jp/taxes/tetsuzuki/shinsei/annai/shinkoku/annai/04.htm

食品営業許可申請
すべての飲食店は店舗完成の10日程度前までに食品営業許可申請を提出する必要があります。提出後は営業者立ち合いの元、施設確認検査が行われます。検査に適合した場合は後日許可証を受け取ることができます。お店の所在地により管轄する保健所が異なりますのでご注意ください。

防火管理者選任届
お店の収容人数が30人を超える店舗の場合は、営業開始までに防火管理者選任届を消防署に提出する必要があります。詳しくは所轄の消防署のホームページをご確認ください。

防火対象設備使用開始届
建物や建物の一部を新たに使い始める場合、使用開始7日前までに防火対象設備使用開始届を提出する必要があります。ほとんどの場合は内装業者が提出しますが、不明な場合は所轄の消防署に問い合わせましょう。

火を使用する設備等の設置届
火を使用する設備を設置する場合は設置前までに設置届を消防署に提出する必要があります。詳しくは所轄の消防署のホームページをご確認ください。

深夜酒類提供飲食店営業開始届
深夜12時以降もお酒を提供する場合は営業開始の10日前までに届出を警察署に提出する必要があります。詳しくは所轄の警察署のホームページをご確認ください。

風俗営業許可申請
スナックやキャバクラなど、お客さんに接待行為を行う場合、営業開始の約2か月前までに風俗営業許可申請を警察署に提出する必要があります。詳しくは所轄の警察署のホームページをご確認ください。

労災保険・雇用保険の加入手続き
従業員を雇う場合は雇用日の翌日から10日以内に労災保険と雇用保険の加入手続きを行う必要があります。労災保険は所轄の労働基準監督署に、雇用保険は所轄のハロワークに届出を提出する必要があります。

以上のように、飲食店を開業するためには様々な手続きが必要です。中には個人で申請するには難易度が高いものもあるので、行政書士などに代行してもらうのも一つの手でしょう。

まとめ

いかがでしたか?

今回は飲食店やカフェなどを開業する上で必要な資格、手続きについて説明してみました。本格的に開業するとなると、少なくとも半年程度の準備期間は必要になってくると思われますので、余裕を持って計画的に進めていきましょう!